top09.jpg

式年遷宮

式年正遷宮祭

20年に1度の式年正遷宮祭は平成11年(1999年)に実施しました。次回予定は 平成31年(2019年)です。

式年遷宮については、伊勢の皇太神宮にならい20年に1度社殿の造営を行い遷宮祭を行ってきました。南北朝の永和2年(1376)から造営棟札は、すべて保存されています。このように600年を超える長い間1度も欠かすことなく奉仕されその記録を遺してきたことは全国に例がなく、江戸時代末の安政3年(1858)までの27枚は国の重要文化財に指定されています。

式年正遷宮祭は、社殿の造営修理のあいだ仮宮にお遷りいただいていたご神体を本殿にお遷しする儀式で、深夜の闇のなか、神官・氏子によって厳粛に執り行われますが、氏子をはじめ近郷近在から大勢の男女が神の御啓示にあづからんと、にぎやかに相集う祭りであります。

前回式年遷宮祭(平成11年<1999年>)

11月12日 : 竣工式・上棟祭
11月13日 : 本殿遷座祭、奉祝祭
11月14日 : 例祭

st13.jpg