国宝・仁科神明宮

仁科の森に鎮座する日本最古の神明造

国宝
仁科神明宮

仁科の森に鎮座する
日本最古の神明造

img_6226aaa.jpg img_1967aa.jpg img_1972a.jpg img_6241a.jpg img_8697a.jpg img_6263a.jpg

img_6226ss.jpg img_1967ss.jpg img_1972a.jpg img_6241a.jpg img_8697a.jpg img_6263a.jpg

お知らせ

国宝 仁科神明宮遷宮祭 祭事・神事スケジュール

11月15日(金)

15:00 竣工祭 

投げ餅 散銭

24:00 遷座祭

 

11月16日(土)   

10:00 奉祝祭

浦安の舞 一舞

12:30 太々神楽

剣之舞 岩戸神楽 竜神神楽

13:30 浦安の舞 二舞

    

14:00 奉納神楽

三嶋神社 館ノ内竈神社 松崎神明宮 正科竈神社 八王子神社

11月17日(日)

10:00 例大祭

太々神楽

剣之舞 幣之舞 岩戸神楽 竜神神楽 水継 道祖神 五行之舞

10:40 子供神輿

   

12:10 稚児行列

   

式年遷宮祭期間中、無料シャトルバスを運行します。

 

 
 

①臨時駐車場(社公民館・JA社) ⇄ 宮本公民館(仁科神明宮)
  運行時間:
     11月15日(金) 12:00~25:40
     11月16日(土) 9:00~22:00
     11月17日(日) 9:00~16:00
②JR信濃大町駅 ⇄ 宮本公民館(バス2台で巡回運行)
  運行時間:
     11月15日(金) 16:00~26:40
     11月16日(土) 15:00~23:00
 

※11月15日(金)~17日(日)の3日間については、仁科神明宮駐車場には駐車できません。社公民館からシャトルバスが運行されますので、ご利用ください。
15日・16日は、JR大町駅前からシャトルバスが走ります。

 
 

特設サイト

<大町市観光協会特設サイトはこちら>

祭事・神事

祈年祭(3月)

(古式作始めの神事)

伊勢神宮の祈年祭(としごいのまつり)にならって行われる神事で、3月15日に奉納される。

例祭(9月)

(太々神楽)

太々神楽 だいだいかぐら は、仁科氏時代から伝承されてきた、神話に基づき作られた神楽である。

新嘗祭(11月)

(収穫祭)

新嘗 にいなめ とはその年収穫された新しい穀物のこと。古くから重要な行事であり農作物の恵みに感謝いたします。

 

指定文化財

日本最古の神明造

(国宝)

本殿・ 釣屋 つりや ・中門が国宝に指定されています。

御正体 

(重要文化財)

銅製の円板に別鋳の仏像をとりつけ、あるいは手彫りするか、打出した 懸仏 かけぼとけ

木造棟札

(重要文化財)

20年に一度の式年遷宮の際の棟札。南北朝時代の永和2年(1376)の棟札から保管されている。

社叢

(長野県指定天然記念物)

スギ・ヒノキが主で、他にアカマツ・クリ・コナラ等いずれも巨木・大木である。境内に入ってすぐ左の三本杉は有名。

古式作始めの神事

(長野県無形民族文化財)

「作始め神事」と称し、鍬初めから苗代づくり・種播き・鳥追いまでの稲作りの模倣が、1坪の広さに仕切った中で行われる。

太々神楽

(長野県無形文化財)

仁科氏時代から伝承されてきたといわれ、いずれも神話に基づきて作られた神楽である。笛や太鼓に合わせて舞うものと、謡曲によって能楽を演じるものとがある。